/Thursday 2 Jul.2020

@MANGEONS atelier, ONE DAY, 商品のお知らせ, 未分類, @MANGEONS atelier レッスン

 

mangeons PAPER No.78

_________________________________________

 

 

以前勤めていた会社の、何かの適正テストのようなものを受けたとき

「ストレス耐性」の項目が抜きん出ていた

それからというもの

長年自分がメンタルが強いという呪縛にどこかがんじがらめになっている気がする

自分の中に水差しのようなものがあるとしたら

気づかないうちに水があふれ出ていて

あたり一面が水浸しになって初めて足元が濡れていることに気づく

そんな事がこれまで何度かあった

それは体の不調となって現れ

そしてようやく自分がメンタルのバランスを崩しているのだと自覚する

 

この春、思いもよらない感染症の脅威が世界中を包んだ

わたしは恐怖を感じながらも落ち着いていたと思う

いつもそう、目の前で大変な事が起きた時ほどすーっと冷静になる自分がいるあの感覚を

今回も覚えた

パンのレッスンのこと、約束していた仕事のこと

実家の両親のサポート、家族のこと

友達や知人のこと

気になることは山ほどあるけれど

自分にできることをせっせとやって

ニュースに聞き耳を立てては対策をたてたり、心配をしたり、悲しかったりした

 

 

この、コロナ禍という聞きなれない言葉の状況下で

実家のシルバーファミリー(体調のすぐれない両親、猫)のサポートに時間と労力を注ぎすぎたあまり

気づかぬうちに水差しの水があふれてしまっていたような感じ

今思えば…

なるべく家の外に出てもらいたくない期間に

父が思いもよらないケガで救急搬送されたり

小さな傷が悪化して危うく指を切断しないといけなかった母の

毎日の通院に付き添ったり

家の中の事もあれやこれやと

わたしの緊張感や疲労が軽くピークを超えていたのだと思う

ちょっとしたことで喧嘩することが増えた

両親にしたら色々と不安や不便なこと、恐怖でいっぱいだったのかもしれない

母が泣いたりして、猫がとても悲しそうで辛かった

父は何も言わずとも色々我慢しているのかもしれないと思った

 

まだまだ禍(わざわい)は待ち受けているし

シルバーファミリーには検査入院や新しい治療や、色んな事が待ち構えているし

すっかりおじいちゃんの年齢の猫は

元気だったり元気がなかったり心配事がつきない

全然ホッとしないけれど

いつも気持ちに少しスペースを空けておきたい

もうちょっと気楽に考えられるように、ね

 

 

 

 

時間だけが過ぎていってしまったので

リセットするためにも拙いわたしのことを綴りました

近々、online store に商品を追加できるように準備中です

待ってくださっている方がいたら嬉しいな

 

Processed with VSCO with m5 preset

 

 

*パンのレッスンについて

パンのレッスンは引き続きしばらくお休みいたします

MANGEONS のアトリエは出入り口が一方向にしかありません

感染症の対策として「空気の循環」が推奨されていますが

ドアを開放して空気の流れをつくりながらパン作りのレッスンをすることに踏み切れませんでした

また長時間一定の人数で過ごすこと、これまでのレッスン形態を維持することにも心配が残ります

今後レッスンを再開できる状況になりましたら、改めてお知らせいたします

もし楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったなら大変申し訳ございません